スタッフブログ

失敗しない家具の組み立て術 2015.2.12

こんにちは。スタッフさわです。
今回は「失敗を防ぐ家具の組み立て方法」を紹介したいと思います。

お客様からも
「組み立ては難しいですか?」
「女性でも組み立てできますか?」
といった家具の組み立てに関するお問い合わせを多く頂戴しています。

そんな疑問を解消できればと思い、今回は失敗を防ぐ家具の組み立て方法について、
3つのポイントを紹介します。

ポイント(1) 組み立て説明書をきちんと確認する

組み立て説明書には大事なことが沢山書かれています。
組み立てミスのほとんどは、説明書の見落としによる部品の取り付け間違いです。
家具の部品は取り付ける順番を間違えると上手く組み立てできないことがあるので、
説明書をよく読むことが大切です。

私自身も何度も組み立てを行った経験がありますが、
説明文を見落として、ミスをしてしまったことが多々あります。
できると思って過信してしまうと間違うのだな、と反省しました。

ポイント(2) 部品が全て揃っているか確認してください

組み立て途中に、「部品が足りない」とならないように、
あらかじめ部品が全て揃っているかどうか確認しましょう。
説明書に部品名と図が記載されています。
その図と実物を照らし合わせながら、全てが足りているか確認しましょう。
(部品・部材に不足や不良があった場合は、至急対応させていただきます)


ポイント(3) ネジの「仮締め」「本締め」の使い分け

ネジを締める際に、いきなりネジを「本締め」していませんか?
大事なことは、「仮締め」です。

     
  • 仮締めとは、ネジをゆるく締め、仮止め状態にすること  
  • 本締めとは、ネジを固く締めきること

はじめから1つのネジをきつく本締めしてしまうと、
他のネジを締めるときに、ネジ穴に上手くはまらず、歪みの原因となることがあります。

まずは、全てのネジがネジ穴に入ったら、それぞれをゆるく仮締めします。
次に全体のバランスを見てもう一度締めます。
さらに、再度ずれや傾きがないか確認後、本締めをしたら完成です。
ちょっと時間がかかりますが、ここで丁寧に組み立てできるかで、
完成度が変わってきます。


いかがでしたか?
みなさんの家具の組み立てに関する疑問が少しでも軽くなれば嬉しいです。

その他、家具に関するご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

スタッフさわでした。

e-書棚.comのおすすめ本棚

オススメ商品 解説

ピコシリーズ チェストラック
この形のラックって珍しいですよね。
実は、収納物からデザインを考えた商品なので、
引き出しにはDVDが、オープン部には雑誌がぴったり入ります。

スペースの有効活用に最適!回転棚7段
本屋さんでよく見かける、回転棚。
本を飾るのもよし。CDやDVDを飾るのもよし。
お好みで楽しめます。