スタッフブログ

本棚、ラックの種類 2015.7.24

こんにちは、スタッフMです。
今日は本棚やラックの種類についてすこしお話したいと思います。

本を入れる棚といってもいろいろあって
本棚専門店としても、どのように分類するかが悩みの種だったりも。
今回の分類は「これが唯一の正解」というわけではなく
こんな分類もありますよ~、という感じでご覧いただけると幸いです。

オープンラック





当社では前面がオープンになっている本棚を
「オープンラック」にカテゴライズしています。
背板のないタイプのものをこう呼ぶ場合もあるようです。
シンプルな棚です。

キャビネット(扉つき)





扉つきの棚、物入れのことをキャビネットと呼びます。
当店では、商品名に「扉付き」や「キャビネット」を入れています。

ディスプレイラック





当店では「フラップ扉」タイプのものや飾り棚を
「ディスプレイラック」に分類しています。

すきま本棚





幅が20~40cm程度で、家具同士や壁とのデッドスペースを
有効活用するための本棚です。

文庫本ラック





オープンタイプの中でも、文庫本やコミックサイズにぴったりの
本棚をこう呼んでいます。

マガジンラック





雑誌やパンフレット、絵本などを
数冊手元に置いておくための本棚です。
美容院や診療所などの待合室にもピッタリです。

壁面本棚





壁にピッタリくっつける薄型タイプの本棚です。
上置きなどで天井に突っ張るため、安定性もあり
容量もたっぷり。

回転式本棚





くるくる回して収納本を選ぶタイプ。
省スペースでたくさんの本が収納できます。



お店によって分類は違うかもしれませんが、 こんなラインナップでお待ちしております!