スタッフブログ

積ん読(つんどく)をどうにかしたいんです新年早々 2015.1.7

あけましておめでとうございます。スタッフMです。
元日は掃除をしてはいけないらしい、福を出してしまうから、というのを言い訳に
そして、「節分までにやればいいんだよ!」というどこぞの意見を鵜呑みに
大掃除もままならぬまま年が開けてしまいました。

さて、それでも大掃除(の真似事)をしようとしたのですが、
積ん読の多さに閉口しましたわたくし。
買ったはいいけど読まずに積んでいる本の多いこと!
それなのに、冬休みに読もうとまた何冊か買っていたのです。
これはいったいどうしたものか…。読んでないから売るに売れないし。

そしてもう一つ気づいたこと…。
それはKindleの中に積んである本です。
紙の本も電子書籍も一長一短がありますが、
どちらも平等に愛している私はモノによっては電子書籍を購入します。
巻数の多い漫画、分厚いめんどくさい本、逆にサラリと読める簡便な本などの
今すぐ読みたい本をポチッと購入しています。
「今すぐ読みたい」割にはダウンロードしたら安心してしまって
結局バーチャル積み本になってしまっているのですよね
『銃・病原菌・鉄』(本のチョイス的にもありがちな話…)

ネットの蔵書管理サービスに登録してみたこともありますが
向いてないのかちっとも管理しない。
積んでる本が結局どれほどあるのかすらきちんと把握できていないしまつ。
「あーーーーー!」とボヤいている間に年を越してしまいました。

そんな風に何年も積み本を持ち越しているわたしなのですが、
先日ふとたどりついたブログにこんな記述がありました。

読書記録しおりで、読書生活の全てを記録する。

リスト作った段階では「またこんなに本買って〜」と自分を責めてたけど、むしろこのリストは、レストランでメニュー差し出されたみたいな気持ちで「どれ読もうかなー!」とワクワクする。 すでに買った本なのに、これから手に入る本みたいな気持ちでニヤニヤできます。なにこれしあわせ!

なるほどリスト…!しかもアナログです。
デジタル媒体に慣れるあまり、アナログで管理するということを忘れておりました。
この記録帳が手元にないので、とりあえず試しに紙に書き出してみたところ
確かにメニューを眺めているような気持ちになりました。
どれから読もう…?

やはり、どれくらいの未読本があるのかを把握するのがまず大切なのですね。
きっちりわかってないからこそ、次々に本を買ってしまい無駄に積み本を増やしておりました。
今年はまず、積んでるものから読んでいくことにします。
そしてこれをもって一年の計にかえさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

積まずにとりあえずしまおう!書棚.comの本棚ラインナップ

オススメ商品 解説

省スペース回転棚5段
360度回転するこちらの回転本棚は、収納はたっぷりだけど省スペース。何も考えずに本を入れておいても、くるくる回せば検索性抜群。コミック本:約160冊 CD:約280枚 DVD:約180枚収納可能です。

ピコ チェストラック 45cm幅
とりあえず積んでおくのであれば、こんなシンプルおしゃれな棚に入れておくのはどうでしょう。未読本を適当に突っ込んでおいてもサマになるコンパクトなラックです。

天然木 スライド式ブックスタンド
天然木を使用したスライド式卓上ブックスタンド。このように限られたスペースを決めておいて、この場所を超えるほど未読本を溜め込まない!と自分に課すのも良いのではないでしょうか。33.5cmから62cmまで幅が伸縮しますので、意外と未読本が溜まるかもしれません。

ダイスボックス フラップ扉付き 39cm幅
ブックスタンドと同じく、未読本を限られたスペースで管理するために使えるBOXです。フラップ扉タイプですので、未読のカタマリは隠して収納。フラップ扉部分に「次に読まなきゃいけない本」をディスプレイして、自分にプレッシャーをかけてみませんか。